結婚祝いの金額相場

身内の場合の金額相場

結婚祝いに何を贈るか迷う人が多いですが、金額もいくらくらいのものにすればいいのか迷うところです。

安すぎると失礼にあたり、高すぎても相手が困ってしまいます。結婚祝いの金額は、相手との間柄や年齢などによっておおよその相場が決まっています。

まず、結婚するのが自分の親族の場合には、比較的高めです。主に兄弟姉妹同士で結婚祝いを贈ることが多いでしょう。親しい間柄の場合には、甥や姪、従兄弟などにも結婚祝いを贈ることがあります。

兄弟姉妹へ贈る場合には、5万円から10万円くらいが相場です。20代前半くらいであれば、収入もあまり高くないため、2万円から3万円くらいでも問題ありません。

叔父や叔母から甥や姪に贈る結婚祝いは、兄弟姉妹よりもやや金額相場が低めで3万円くらいで大丈夫です。従兄弟同士の場合にも同じくらいかやや安めで、1万円から3万円くらいでしょう。結婚式に招待されていない場合は、夫婦や一家でまとめて1万円から2万円くらいです。

 

友人や職場の人へ贈る場合はどのくらいか

最近では身内だけで結婚式をする新郎新婦も増えていますが、盛大に祝いたいのであれば友人や職場の人も招待するでしょう。上司に祝辞を依頼するケースも多いです。職場の人へ贈る結婚祝いは、職場での地位によって相場が決まっています。上司が部下に結婚祝いを贈るのであれば、3万円くらいがおおよその相場です。

ただ、祝儀を依頼されているのであれば、もう少し多めに5万円くらいにしておいた方が無難でしょう。同僚や部下に贈る場合には、2万円から3万円くらいが相場です。結婚式に招待されていない場合には、1万円以下でも大丈夫です。何人かでお金を出し合って上司に結婚祝いを贈るのであれば、1人あたり3000円くらいを目安にしましょう。

友人や学生時代の先輩、後輩などの結婚式に招待されているのであれば、結婚祝いは3万円くらいが相場です。同僚の場合と同様に、結婚式に招待されていなければ1万円以下でも問題ありません。

また、いずれの場合も、現金や商品券なら枚数が4枚や6枚にならないようにしましょう。基本的に奇数が望ましいですが、夫婦になるということで2万円など2枚でも問題ありません。